このオベリスクは、紀元前1世紀にエジプトのアレクサンドリアでローマ人によって立てられていた、
アウグストゥスに捧げられたものである。 ヒエログリフは書かれていない。

カリグラ帝(在位:37〜41)によって、ローマ・ヴァチカンの競技場(ネロの競技場)に運ばれてきた。
ローマに13本あるオベリスクのなかで、このオベリスクだけが中世を通して倒れることなく、ずっと
立ち続けていた。1586年、教皇シクストゥス5世がドメニコ・フォンターナに命じて現在の場所に移
動させた。









円柱回廊





聖人像





大聖堂内へ







大聖堂内



ドーム







ピエタ像(ミケランジェロ作)







※画像は上記のみ